ホーム / コースの紹介 / 概要 / 国際コースについて

国際コースについて

工学部地球工学科では、2011年4月、国際コースを開設しました。
このコースでは土木分野において、世界各国の都市や周辺地域の地球環境問題に配慮した社会基盤を整備し、マネジメントしうる人材育成を目的としており、卒業までのすべての講義を英語で行います。留学生については別途特別入試を実施して入学者を決定しますが、一般入試で地球工学科に合格された方も、最大10名まで、このコースに入ることができます。国際コースには、以下のような特色があります。

  • 現在、京都大学で学部における英語コースがあるのは、工学部地球工学科国際コースのみです。
  • 国内外から集結した経験豊富な教授陣による授業や、チュータリングによるサポートが受けられます。
  • 将来国際的リーダーとして国境を越えての活躍を目指し、外国人留学生と日本の学生が共に学ぶことで、幅広い視野が身につけられます。
  • 3回生向けの国際インターンシップを履修すると、国内外の土木関連プロジェクトの現場で、実地訓練が体験できます。
  • 卒業後、更に研究を続けたい学生は、工学研究科社会基盤工学専攻または都市社会工学専攻に修士課程に進学し、英語で提供されている授業を履修することが可能です。